読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『十七歳』

絵や写真は怖い。

ヒトの想いを過去に縛り付ける力がある。

 

~ストーリー~

 

高校の美術教師が、夏休み期間中に

とある男子生徒に絵のモデルを依頼する。

出展作品のひとつだった。

 

男子生徒はその先生に恋心を抱いていた。

先生はその絵が完成したら、彼に見せることを約束した。

彼は、先生が描く自分の絵を楽しみにしていた。

 

男子生徒はとある出来事から

嫉妬をして勢いよく先生に恋心を打ち明ける。

若さゆえの行動。

 

夏休みが終わり、2学期が始まると

先生は学校から姿を消していた。

男子生徒はその絵の完成を見ることなく、

先生と別れることになった。

 

先生は男子生徒に絵を見せなかった。

所詮は十七歳の青年。

私は運命の人ではない。

 

絵を見せなかった理由。

この絵を見たら、彼は絵の中の時代に縋ってしまう。

今ある、ささやかな幸せにも気付かない人間になっていく。。

 

 

『十七歳』

ドラマ甲子園 大賞受賞作品より


ドラマ甲子園 - フジテレビ